マレーシア転職をするときに気をつけたいこと

⑧英語での面接対策をする!

マレーシアで仕事を長く続けると、必然的に社内で英語を使うことから語学力のアップが期待できます。
そのため、就職活動では英語力が必ず必要とは言い切れないものの、英語力はあったほうが仕事の幅が広がる可能性は高いでしょう。
実際に、マレーシア企業との面接では英語で会話することも多いですし、語学力不問となっている日系企業でも英語力テストが基本の採用活動に含まれています。
高い英語力がなくても、面接で聞かれそうな質問を英語で簡単に応えられるように準備しておくと良いでしょう。
スムーズに話せなかったとしても、その積極的な姿勢や努力を面接官がみていることもあるからです。
 

今回は、「マレーシア就職・マレーシア転職をするときに気をつけたいことやコツ」についていくつかご紹介してきました。
マレーシアで就職するためには、小さなことも真面目に、そして積極的に自分から働きかけることが
仕事をたぐり寄せる一番のコツといっても過言ではないでしょう。
どれもちょっとしたポイントばかりですが、知っていると知らない、やっているとやらないでは徐々に差が開けてきます。
とくに、いまの時点で語学力やスキルに自信がないという人は、こういった小さなことを積み重ねることが何よりも大切なことなのです!!